昔の理想的な結婚式

「よくあるのが両家のお披露目式で、どんちゃん騒ぎ×3日間・・・ですね。」日本でも田舎の方ですと、まだ先にご紹介したようなどんちゃん騒ぎ×3日間という過酷な結婚式が残っているようですね。義理の姉のところが、典型的な田舎なので結婚式のみならずなにか祝い事があれば最終的にどんちゃん騒ぎ×3日間になると嘆いていました。古きよき昔の理想的な結婚式は、こうして両家の顔をつないで人と人の付き合いを深めていっていたようです。

現在の理想的な結婚式

結婚式「では現在の理想の結婚式とは、どういうものなのでしょうか・・・?」それを今回お話のネタにしようかなと思います。なかなか一言で結論は出せませんが、とにかく大事な概念は日本に脈々と受け継がれているでんとうでもある、結婚は家族同士がするものというものです。こればかりはいくら核家族化がすすんでいようが、今後しばらく変わりそうもない常識的な考え方になります。二つの家が合いまみえるということになりますから、そこには「見えない差」が生じることになりますね。

転職時の重要ポイントとなる履歴書
日経HR

「たとえば私の子どもたちが、総理大臣の娘と結婚してほしくないのにはわけがあります。」どう考えても家同士の“格”が違うからです。昔で言えば、御殿様のところの姫と農民の息子家が結婚するようなものです。やりにくくて仕方ありません。そこまでの差はなかなかないでしょうが、そういう両家の格差を目立たせないために女性の力がひつようになってくるのではないでしょうか・・・?

健康のために乳酸菌について知りましょう。

会場から招待客まで

「結婚式の準備は、基本的に女性に向いていますよね。」男性があんまり結婚式の準備に参加するのは聞いたことはありませんが、まあ稀であると思いますね。だいたい結婚式の準備はおそらく太古の昔から女性が取り仕切ってきたのではないかと思います。太古の昔、男性がまだ外に出て大きな象とかと戦っていたころ女性の仕事は家のこと全般でした。今よりはるかに時間と労力のかかる家事をこなし、子どもの世話をしながら近所との人間関係を正常に図るべく、ぺちゃくちゃとおしゃべりをしたりしていたようです。

結婚式今でもみられる光景ですが、ようするに人間関係をつなぎとめたり結んだり距離感を見定めたり“人間関係の妙”については女性の方が太古の昔からの実績があるため、まさに家族同士が結婚し人間関係が複雑に絡み合う結婚式の会場から招待客まで、一つ一つを考えるのに女性の力こそが求められると考えざるを得ません。

そんな“女性目線”で見たり考えたりして「理想的な結婚式」の形を作っていきたいなと思います。現代はやりたいようにやり、生きたいように生きられる世の中です。ゆえに人間関係が崩壊し粗雑な世の中になる危険性をはらんでいると思います。こんな世の中だからこそ、人間関係にもっと敏感になって昔のいい部分を取り入れて気づかい思いやりおもてなし、最高の理想的な結婚式を挙げようではありませんか・・・?その一助になれるように一所懸命考えご紹介します。

次世代ブロードバンド高速モバイル通信
高速通信

ページの先頭へ